平成名水百選の観光地名所・湧つぼ

平成の名水百選に選出されている「湧つぼ」(わきつぼ)のある青森県北津軽群中泊町は、人口が約1万3千人で町の花は菊で、津軽半島にある町でしょう。

中里町と小泊村の合併によってできた町で五所川原市を挟む形の飛び地になっているでしょう。中泊町の観光スポットには富野桜づつみ公園や湧つぼや十三湖や水芭蕉群生地や今泉・賽の河原や不動の滝や中泊町森林公園や中里城史跡公園や大導寺牧場などがあるでしょう。

十三湖は津軽半島の北西部に位置する汽水湖で津軽国定公園内にあるでしょう。十三湖の周囲は約30kmであり、シジミの産地として有名でしょう。

自然の景観を楽しむのであれば、大沢内溜池や不動の滝や七つ滝や小泊十二景などはいかがでしょうか。七つ滝は、七段の崖を落下していく滝でしょう。

小泊十二景は、龍飛崎、権現崎、七ツ石、七瀧、傾石、羅漢石、経島、姥石、稲荷堂、燕崎、辨天崎、青巖などになるでしょう。事前に計画を立て、順序よく回られてみられてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

フィード