平成名水百選の観光地名所・須川岳秘水ぶなの恵み

平成の名水百選の1つに選ばれている「須川岳秘水ぶなの恵み」(すかわだけひすいぶなのめぐみ)のある岩手県一関市は人口が約12万2千人で、市の花はナノハナでしょう。

一関市は岩手県の南部にあり、観光スポットには、幽玄洞や厳美渓や室根高原や花と泉の公園やサハラガラスパークや唐梅舘や猊鼻渓や釣山公園や夫婦岩や磐井川河川公園やみちのくあじさい園やカリョウビンガの森や骨寺村荘園遺跡などがあるでしょう。

 

厳美渓は、磐井川の中流にある渓谷で全長が約2kmで、国の天然記念物や国の名勝に指定されているでしょう。厳美渓の名物としては「空飛ぶだんご」があるでしょう。

空飛ぶだんごは郭公だんごという商品で、渓谷の休憩所にあるワイヤーのロープで繋がれている籠に商品の代金を入れて合図用の板を叩いて対岸にある店に知らせると、お茶と団子がやってくるというものでしょう。空飛ぶだんごは、みたらし、あん、ごまの3本セットだそうですね。雨天でも大丈夫なのでしょうか?

ゆっくりと過ごしたいのであれば矢びつ温泉や厳美渓温泉や一関温泉郷や須川高原温泉や真湯温泉や宝竜温泉などは、いかがでしょうか。

スポンサードリンク

フィード